佛教大学 家庭科概論 S0615 レポート 合格 2015

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数527
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 通信教育課程 
    「家庭科概論」の第1設題の2013年度の合格レポートです。

    参考資料「新版家庭科概論」

    【タイトル】
    「自分自身の生活の中で改善の必要を感じる課題を1(または2)点取り上げ、どのように改善すればよいかについて、テキスト(文献)から学習したことを記述しなさい。また、改善を実行・実践した上で考えたことを述べなさい。」

    【所見】
    テキスト等からの学びが適切である。
    自分の言葉で論述されている。


    この資料をレポート作成の参考にして役立てて頂きたいと存じます。
    2012年度から酷似しているレポートを判別できるシステムが導入されたので、本レポートをそのまま提出することは避けたほうが賢明です。


    他にも『レポート』、『科目最終試験』、『教員採用試験筆記対策』、『教員採用試験面接対策』などをアップしています。
    よかったらそちらも是非参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「自分自身の生活の中で改善の必要を感じる課題を1(または2)点取り上げ、どのように改善すればよいかについて、テキスト(文献)から学習したことを記述しなさい。また、改善を実行・実践した上で考えたことを述べなさい。」
     私は「食生活」の課題についてレポートを書く。
     まず、食生活の現状と課題について考えてみたい。我が国食生活は、「食べられたらよい」という時代から、食品の工業化、平和と経済的繁栄、サービス産業化により目を見張るように豊かになり、「飽食」の時代となった。生活が豊かでなかった時代には、食事といえばほとんどが過程の中で調和して食べるものであった。しかし、現代のように豊かになると持ち帰りのすしや、弁当、おにぎり、惣菜、デリカなどの調理食品や加工食品、インスタント食品、レトルト食品、冷凍調理食品の消費が増え、過程で調理をする必要が少なくなってきている。一方ではレストランやそば屋、すし屋などでの外食の機会も増加し、家族でレジャーをかねて外食を楽しむ行為も行われている。このように食の形態が多様化したことで、家で作って食べる「内食」や「外食」の他に、食事を購入して持ち帰り、家で食べれる「中食..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。