佛教大学 体育概論 S0608 レポート 合格 A判定 2015

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数517
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 通信教育課程 
    「体育概論」の第1設題の2013年度の合格レポートです。
    評価はA判定でした。

    参考資料
    「新訂 体育科教育法講義」宇土正彦著


    【タイトル】
    安全に関する学習指導上に占める「体育」の重要性について述べよ。

    【所見】
    危険予知能力を培うためには、学校教育の総体が大切ですね。


    この資料をレポート作成の参考にして役立てて頂きたいと存じます。
    2012年度から酷似しているレポートを判別できるシステムが導入されたので、本レポートをそのまま提出することは避けたほうが賢明です。


    他にも『レポート』、『科目最終試験』、『教員採用試験筆記対策』、『教員採用試験面接対策』などをアップしています。
    よかったらそちらも是非参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    安全に関する学習指導上に占める「体育」の重要性について述べよ
     体育の授業を通して子どもたちに安全能力をみにつけさせたい。そのために指導者側はどのような指導方法や工夫をすべきかレポートでまとめたい。児童はもちろんのことすべての人間が受ける災害は、肉体的、精神的、経済的な負担を重くし、以後の生活に大きな制約を及ぼすことはいうまでもない。このため「生命の尊重にかかる自己および他人の安全を確保する」ための基本的な要素である安全教育は学校教育に大きな比重を占めるのも当然であろう。しかし、事故、災害の発生を未然に防ぐことを配慮するあまり、過度に神経質になったり、日常の活動や学習指導の展開が消極的になるようなことがあれば、教育の本質を否定する誤ったものになりかねない。この点、特に「体育」では留意しなければならない。安全教育は望ましい学習指導を展開していく中で、安全に身を処するための身体の支配能力、安全に関する知識・理解、安全に対するモラルの向上、情緒の安定などを目指して積極的に指導されねばならない性質のものであろう。子どもが、身のまわりの生活の安全、交通安全、災害に対する安全に関する素養や実践力に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。