佛教大学 学校教育職入門 S0525 2016年度 合格 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数525
ダウンロード数33
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 通信教育課程 
    「学校教育職入門」の2016年度の合格レポートです。
    評価はA判定でした。



    参考文献
    「教職論:教員を志すすべての人へ[第2版]」ミネルヴァ書房

    【タイトル】
    現代の「教師に求められる資質とは何か」についてまとめたうえで、あなたはどのような教師になりたいのかについて述べてください。

    【所見】
    学校教育職をめざすためにはどのような資質がもとめられるのかについて、詳細な考察が正確になされています。とりわけ、教師の資質に言及した中央教育審議会(1996)や教育職員養成審議会(1997)の各答申についても詳しく記されており、設題の趣旨が正確に把握され、たいへんよくまとまっています。


    この資料をレポート作成の参考にして役立てて頂きたいと存じます。
    2012年度から酷似しているレポートを判別できるシステムが導入されたので、本レポートをそのまま提出することは避けたほうが賢明です。

    他にも『レポート』、『科目最終試験』、『教員採用試験筆記対策』、『教員採用試験面接対策』などをアップしています。
    よかったらそちらも是非参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代の「教師に求められる資質とは何か」についてまとめたうえで、あなたはどのような教師になりたいのかについて述べよ。
     本文P18から書いてある教員の資質が、これからの教師に特に求められる。子どもたちに「生きる力」をはぐくむことを基本とするこれからの学校教育の実現を展望する時、教員の資質・能力の向上を図っていくことが、その実現に欠かせないことである。また、「生きる力」をはぐくむ学校教育を展開するための豊かな人間性と専門的な知識・技術や幅広い教養を基盤とする実践的な指導力を培うためには、教員の養成、採用、研修の各段階を通じ、施策の一層の充実を図っていく必要がある。教員に求められる資質・能力については、学校段階によって異なるが、教員養成や研修を通じて、教科指導や生徒指導、学級経営などの実践的指導力の育成を一層重視することが必要であると考えられる。特に、今日のいじめや登校拒否などの深刻な状況を踏まえるとき、教員一人一人が子どもの心を理解し、その悩みを受け止めようとする態度を身につけることはきわめて重要であるといわなければならない。教育者としての使命感、人間の成長。発達についての深い理解、幼児・..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。