佛教大学 学校教育課程論 S0527 2013年度合格 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数769
ダウンロード数43
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 通信教育課程 
    「学校教育課程論」の2013年度の合格レポートです。
    評価はA判定でした。

    【タイトル】
    教育課程とは何かについて、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめてください。

    【所見】
    ほぼ、全般的に設題に対応してます。


    この資料をレポート作成の参考にして役立てて頂きたいと存じます。
    2012年度から酷似しているレポートを判別できるシステムが導入されたので、本レポートをそのまま提出することは避けたほうが賢明です


    他にも『レポート』、『科目最終試験』、『教員採用試験筆記対策』、『教員採用試験面接対策』などをアップしています。
    よかったらそちらも是非参考にしてください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育課程とは何かについて、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめてください。
     教育課程とは、学校教育の目標や目的を達成するために、学習指導要領に示された学校の教育計画のことを言う。教育課程の基準や編成原理、今日的課題について考えるということは、これからの教育や子供の成長を考えるといった点で、とても大切なことであると考える。わが国は、これまで大きく3回の教育改革を実施してきた。1回目の教育改革は明治の学生発布に伴う教育改革である。これは、国民に教育を受ける機会を保障することが大きな柱であった。2度目の教育改革は、戦後の義務教育制及び民主教育の発足に伴う改革である。これによって、子どもたちの進学率が大幅に上昇し、教育が大衆化された。「大衆教育社会」の到来であり、同時にいわゆる受験競争が過熱することとなったのである。そして、3度目である今回の教育改革が、中央教育審議会や臨時教育審議会を中心として提唱された現行の教育行政である。学歴のインフレ化に伴って、学校の中で起こったいじめ、不登校、学級崩壊などいわゆる教育の荒廃の原因が、受験競争によって過熱した学歴社会であると、学歴社会そのものを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。