並列処理に関する実験

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数305
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1回目で受け取って頂きました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第12章 並列処理に関する実験
    TEX
    by TEX
    1.1
    本実験の目的は,Julia集合計算プログラムを用いて,Julia集合を計算する処理時間を測定す
    ることである.1 週目の実験では各自のノート PC上で計算を行い処理時間を測定する.2 週目の
    実験では実験室にある複数の PC を用いて並列処理を行い処理時間を測定する.また,並列処理
    を行わせコンピュータの台数を変えると処理時間がどのように変化するかを調べることである.
    1.2
    1.2.1 ジュリア集合について
    ジュリア集合は式 (1.1)の漸化式を計算することで描くことができる (Zc は複素定数,n は自
    然数).
    Zn = Z
    2
    n 1 + Zc (1.1)
    数列の項 Z0;Z1;Z2;:::;Zn;:::を逐次計算することによってジュリア集合を描画することができ
    る.その際,複素定数をある値に固定し,複素平面の各点 (本実験では 640 480)に初期値 Z0 を
    設定し,複素平面上の数列を走査する形で計算する.また,そのときの数列の周期性を元に初期
    値 Z0 を色分けする.また,ディスプレイ上の横軸を実数軸 (..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。