マイクロコンピュータの基礎と計測への応用

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数261
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    図を修正して2回目で受け取って頂きました。計測様子図が参考になると思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第11章 マイクロコンピュータの基礎
    と計測への応用
    組み込みシステム開発技術の基本の修得を目的とし,マイクロコンピュータ (マイコ
    ン)を用いた計測記録システムの開発実習を行い,計測マイコンシステムの設計と実装を
    経験する.
    ARM とは
    ARM 社が設計し,ライセンス供給を行っているプロセッサの総称である.ARM 社は,
    設計情報だけを販売しており,ARM 社自身は半導体の生産を行っていないのが特徴であ
    る.設計情報の提供を受けた半導体企業が,それを使って独自の機能や技術を加えた半
    導体を製造している.
    ARM はRISCプロセッサであり,消費電力が小さいため,携帯電話・スマートフォン・
    デジタルオーディオプレーヤー・携帯型ゲームなどのあらゆる電子機器に使用される.
    使用機器
    今回の実験で使用する機器は,「Lego MindStorm NXT Box」と,それに接続する光セ
    ンサ,加速度センサ,プログラミングを行うための PC である.また,開発環境として
    「Bricx Command Center」を使用する.
    接続図
    図 2.1に NXT の接続図を示す.出力端子 A には,ア..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。