プログラマブルデバイスを用いたディジタル回路制御

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数270
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    考察を修正して2回目で受け取って頂きました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第7章 プログラマブルデバイスを用い
    たディジタル回路制御
    1 目的
    この実験の目的は,ハードウェア設計を実際に行いプログラマブルデバイス上で動作させるこ
    とを通じて,ディジタル回路設計に必要となる基本的な技術を習得することにある.
    2 理論
    プログラマブルデバイス (正式には Programmable Logic Device, PLD)とは,設計者が内部
    の回路を変更することができるデバイスである.内部の回路をハードウェア記述言語 (Hardware
    Description Language, HDL)を用いて記述し,プログラマブルデバイスにダウンロードすること
    によって記述したとおりに動作させることができる.通常の LSIと異なり,回路を変更したいと
    きはダウンロードするデータを変更するだけで良いのが特徴である.
    3 使用機材
    実験に用いた機材は,回路合成用の PC と,プログラマブルデバイス搭載評価ボードである.
    1
    4.1 1
    4.1.1 HDL 記述の確認
    通常の設計では,使用に従って HDL記述を作成するが,この実験では時間の都合上,事前準備
    にて入手済みのサンプル (..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。