初任者研修レポート「教科領域基礎研修会」「情報教育」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数362
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第  回 初任者研修レポート 「教科領域基礎研修会 (国語・書写部会)」  
      熱意を持って指導をすると子どもが伸びる
     
                     会 場 
                      日 時 平成  年 月 日( )
                       番    学校    
     
    今回の研修では、詩の指導のあり方について先生から、書き初めの評価・指導方法について先生から、それぞれ学ぶことができました。なかでも特に心に残った点、参考になった点をまとめてレポートとします。
     まず、研修①では、実際に先生の授業を受ける子どもになりきって、詩の一部分を自分たちで考えるということをしました。先生という立場に少しずつ慣れてきたものの、あらためて子どもの立場になってみると、当たるかなというドキドキや、発言したいけれど迷う気持ちなどを感じることができました。どのような問いかけをしたら、子どもが食いつくのか、ということを先生は言葉でなく実践を通して我々に伝えて下さった気がします。まどみちおの詩を考える場面では、実際に楽器を用意して、考えるヒントとするなど「詩」というものに対する熱..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。