日大通信 特別活動論 高評価合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数377
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    中学校における現行の「特別活動」の目標に若干言及しつつ、それに沿って「学級活動」の目標、内容、内容の取り扱いについて論述しなさい。

    レポート資料のあとに、採点者の講評と簡単な攻略のアドバイスを付け加えておりました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    特別活動
    中学校における現行の「特別活動」の目標若干言及しつ、それに沿って「学級活動しなさい

    20
    年改定の中学校学習指導要領では
    その第五章において特別活動全体の目標をのように掲げている。「望ましい集団活動通して、心身の調和のとれた発達と個性の長を図り、集団や社会の一員としてよりよ生活や人間関係を築こうとする自主的、実的な態度を育てるともに、人間としてのき方についての自覚を深
    、自己を活かす
    力を養う。 」この改訂では、人間関係と

    葉を追加することにより、生徒どうしが互に協力し合いつ、学校生活の充実に主体に寄与する教育活動としての意義がいそ強調されている
    20 × 20
    「特別活動の目標」は大きく五つに分類さる。①「望ましい集団活動」の育成、では本的な特質と方法原理を示している。②「身の調和のとれた発達と個性の伸長を図」うとする個人的資質の育成、では自分の性を反省し、つねに自己改善を図るように指する大切さが説明されている。③「集団や会の一員としてよりよい生活や人間関係をこうとする」社会的資質の育成、において々の構成
    が自分の役割を引き受け責任を
    たすための社会的資質の育成を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。