保険総論 分冊1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数428
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日大通信保険保険総論

    代表キーワード

    日本大学保険総論

    資料紹介

    日本大学通信教育部の平成25・26年度の保険総論分冊1の合格レポートです。
    課題:生命保険の資金の特徴を述べ、生命保険会社の資産運用について幅広く記述してください。
    参考文献:『保険総論』著・根立昭治
    丸写しはお勧めできません。上手く活用してください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    保険制度の役割・効用について幅広く論述すること
     保険とは、人類の危険に対する財産の保障手段をつくり出す制度である。多くの人が公平に保険料を負担しあい、いざというときに給付を受ける仕組みで成り立っている。人々は、いつ、どこで、どのような理由で、思わぬ事故に遭い、死傷するか分からない。そのためか、近年では保険の加入が多いようだ。教材では「保険とは、保険者が一定の偶然な危険に対して所有財産の保障手段を確保しようとする多数の財産所有主体を結集し、財産保障資金形成するために、合理的で公平な計算に基づいて保険料を分担拠出させ、財産所有主体の経済活動を持続させる経済制度である」と記載されている。
     保険の効用は大きく分けて3つある。
     第一に、生産力を促進する機能がある。貿易取引を裏から支えている海上保険、製品や原材料の輸出入には貨物海上保険がある。貨物海上保険は、万一の海上危険による貨物の損害をてん補する。さらに、輸出業者が輸入業者から直接輸出代金を回収するのではなく、船荷証券と貨物海上保険証券などを国内の為替銀行に売渡すことによって代金の回収を早め、資金の節約ができる。また、火災や爆発などで工..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。