観光事業論 分冊1

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数666
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    日本大学通信教育部の平成25・26年度の観光事業論分冊1の合格レポートです。
    課題:観光事業の目的と役割を踏まえて、観光事業の特色を指摘しなさい。
    参考文献:『観光事業論』著・佐藤俊雄
    丸写しはお勧めできません。上手く活用してください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     事業とは、方針、目的、目標、使命などを達成させるために、経営資源を確保して国内外の市場、顧客、消費者のニーズやウォンツを把握し、変化に適応して満足させる組織的・継続的活動を実行、あるいは創造することの過程である。
    事業の特色は3つあり、第1に、既存の顧客を満足させ、新規顧客を戦略的に創出することである。第2に、最終的に営利を獲得するとはいえ、事業存続のための糧であって、公共性の高い事業は、社会性や公平性、利便性が求められること。第3に、事業所を設置し、技術革新、製品などの企画・開発、生産、営業、販売、サービスなどを導入し提供すること。
    事業主体には、営利を目的とする各団体や民間企業だけでなく、営利を優先しない公企業や非営利組織などが含まれる。
    観光事業は、サービス産業としての観光産業を、主として組織の担い手として目的や目標の達成に努めたり、使命や役割を果たす諸活動である。観光には「光」を観る側の観光者の観光と、「光」を観せる側の観光関連事業者の二つがあり、観光事業の立場は観光産業と同様に、「光」を観せる側に立っている。観光事業者が「光」を観せる活動の根本は、観光者に「光」を観ていただ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。