S0606 美術概論Ⅰ 最終試験 2016年度 最新版 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数653
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    第1設題 テキスト・第2章「1節 目標」「2節 内容と構成」(p.13
    ~p.22)を要約し、平成20年版小学校学習指導要領・図画工作について説明する事。

    1節 目標
     生涯学習社会が注目される中、美術館でのワークショップや絵画教室などが開かれるなど生活の中で美術を楽しむ機会が広がっている。その為、学校での美術授業については、特定の分野や技法に偏らない基礎、基本となる美術活動の能力を子ども達が身に付け、その為の内容や方法を広く国民に知らせる事が求められる。
     平成20年の学習指導要領改訂の背景には、学力低下、教育基本法の改訂における学業成績の低下などがある。しかし、子どもの生きる力を育むという教育課程の基本理念は変わらないことも強調されている。また学習指導要領改訂における改善事項の中でも「言語活動の充実」「伝統や文化に関する教育の充実」「体験活動の充実」などは図画工作科の実践で行われてきたが、さらなる充実が求められている。改訂のキーワードは、「生きる力」と「コンピテンシー」である。生きる力は、これからの社会の変化に主体的に対応して心豊かにたくましく生きることができる資質や能力の育成を図ることを基本的なねらいとしている。これまでの知識や技能を共通的に身に付けることを重視した教育から、子どもが自ら考え主体的に判断し行動できる資質や能力の育成する教育への展開を図るとされた。コンピテンシーは、生活や社会の現実的な状況に応じて、必要な知識や技能を活用する能力とされる。知識や技能を活用能力と人間関係を築いていく能力、自立的に行動できる能力などが含まれる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題 テキスト・第2章「1節 目標」「2節 内容と構成」(p.13
    ~p.22)を要約し、平成20年版小学校学習指導要領・図画工作について説明する事。
    1節 目標
     生涯学習社会が注目される中、美術館でのワークショップや絵画教室などが開かれるなど生活の中で美術を楽しむ機会が広がっている。その為、学校での美術授業については、特定の分野や技法に偏らない基礎、基本となる美術活動の能力を子ども達が身に付け、その為の内容や方法を広く国民に知らせる事が求められる。
     平成20年の学習指導要領改訂の背景には、学力低下、教育基本法の改訂における学業成績の低下などがある。しかし、子どもの生きる力を育むという教育課程の基本理念は変わらないことも強調されている。また学習指導要領改訂における改善事項の中でも「言語活動の充実」「伝統や文化に関する教育の充実」「体験活動の充実」などは図画工作科の実践で行われてきたが、さらなる充実が求められている。改訂のキーワードは、「生きる力」と「コンピテンシー」である。生きる力は、これからの社会の変化に主体的に対応して心豊かにたくましく生きることができる資質や能力の育成を図..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。