S0536 人権(同和)教育 第1設題 2016年 最新版 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数477
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題1
    50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括し、人権(同和)教育の意義と学校における人権(同和)学習のあり方を具体的に論述すること。

    参考文献
    後藤直編 『まちづくりとしての地域教育』 阿吽社

    参考文献をもとにわかりやすくまとめています。
    ぜひ参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括し、人権(同和)教育の意義と学校における人権(同和)学習のあり方を具体的に論述すること。
     同和教育とは同和問題を解決するための教育の営みの総称であり、「部落解放運動」や「同和行政」がこれにあたる。お互いが密接に関連しながら「同和問題」の解決に向け総合的に取り組まれた結果、一定の成果が生まれた。
     はじめに同和問題とは、日本社会の歴史的発展の過程において形成された身分階層構造に基づく差別により日本国民の一部の集団が経済的・社会的・文化的に基本的人権を著しく侵害されることである。さらに、このような差別により「貧困」により子どもたちが十分な教育を受けられず、「貧困」から抜け出せないという「差別の悪循環」が生じてしまっていた。「『同和地区』の子供たちの教育権を保障すること」という課題の克服を目指すために取り組まれた。
     戦後における同和教育について、京都市の取組みを中心に述べる。戦後の部落解放運動の大きな転機になった事件として、1951年に京都市で起きた「オールロマンス事件」が挙げられる。『オールロマンス』という雑誌に京都市内の被差別部落を題材にした小説が「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。