S8105 理科教育法Ⅱレポート A評価 2016年度

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数320
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    第1設題
    (1)『子供たちが生活している「地域の自然」を教材化する必要を2つの観点から解説せよ。』
    (2)『そのうち1つの観点から、あなたの居住している地域の自然を教材化した事例(授業の展開例)を示せ。』

    参考文献
    森一夫編 『21世紀の理科教育』 学文社

    参考文献をもとにわかりやすくまとめています。
    ぜひ参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題
    (1)『子供たちが生活している「地域の自然」を教材化する必要を2つの観点から解説せよ。』
    (2)『そのうち1つの観点から、あなたの居住している地域の自然を教材化した事例(授業の展開例)を示せ。』
     理科教育とは、子ども達が自主的に自然に働きかけ、肌で自然に触れる機会を提供し、その中から様々な情報を読み取り、そしてそれを認識していく過程を繰り返すことで人間成長を図ることを狙いとしている。理解教育においては、子ども達が自然に触れて、自然から直接学ばなければならない。しかし、自然を対象とした理科教育は全国統一の教材を使用して教育が行われていて、地域の自然の教材が生かされていない。日本の国土は、南北に長い弧状列島であるために北と南では気候が著しく違い、亜熱帯気候帯から亜寒帯気候帯にまで広がっている。また日本海を隔てて、大陸のはずれに位置していることで、日本海側と太平洋側でも気候が大きく異なる。したがって、そこに存在する自然、そこで起こる自然現象、とりわけ動物や植物の種類は地域によって様ざまであり、実に変化に富んでいる。日本には、その地域特有の自然があるので、地域性を生かした理科教育が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。