道徳教育の研究【Z1115】 2013年度佛教大学レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数226
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    第1設題 道徳教育の意義について述べよ。
    テキストの内容を主にまとめました。評価はAで、「設題の趣旨に合致したレポートです」とのことでした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題 道徳教育の意義について述べよ。
     まず、道徳とは何であるかを規定しておく。大辞林によれば「ある社会で、人々がそれによって善悪正邪を判断し、正しく行為するための規範の総体。法律とは違い外部強制力としてではなく、個々人の内面的原理として働くものをいい、また宗教と異なって超越者としての関係ではなく人間相互の関係を規定するもの」と述べられている。このことから、法律により拘束されないが、人間としての生きる道であり、人それぞれの内面の中に存在するものであることがわかる。しかし、日高六郎は「道徳は社会規範」の一つであり、道徳には、個人の自発性に支えられている部分と、社会から強制されている部分の二つがあり、それは時として、社会秩序の維持のために、社会的進歩を押し止めようと作用する場合があるという。日高の考え方によれば、道徳は、保守的な作用をし、時として時代に逆行するとする。このように道徳は、ある社会、時代において、人々の規範の総体であるが、社会・時代が異なった場合、摩擦が生じることもまた事実であろう。
     このような道徳を子どもたちにどのように教えるかが、道徳教育である。道徳教育は、大辞林では..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。