佛教大学 Z1118,Z1110 教育相談の研究(中高)第1設題 レポート A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数740
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学Z1118,Z1110「教育相談の研究(中高)」の第1設題レポートです。間違いのないレポートを目指して仕上げました。参考文献を記載しておりますので、ご自身でレポートを書かれる際の参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校における各種指導(教科指導、生徒指導、進路指導、特別活動等)と教育相談(学校カウンセリング)の関連について論じなさい。
    ・はじめに
    ここ二十年ほど前から学校カウンセリングという言葉が注目を集めている。学校カウンセリングが発展する転機となったのは平成七年度から始まった文部省のスクールカウンセラー事業である。
    さて、学校カウンセリングは教師の行う教師カウンセリングとスクールカウンセラーが行うスクールカウンセリングに大別することが出来る。
    学校現場においてスクールカウンセラーを設置することになった背景には教育現場の今日的課題がその要因に挙げられる。すなわち、「不登校が毎年増加していることや、いじめによる自殺が頻繁に起こり、またナイフを使ったり、暴力事件などかなり深刻な問題行動が起こっているという現在の学校現場の状況」に教師によって為されてきた生徒指導だけでは対処出来なくなってきたという問題である。
    しかしながら、教師は職務上、学級担任として個々の生徒に生徒指導上、あるいは教育相談として関わる必要がある。そうした中で依然として教師が行う教師カウンセリングは生徒の教育に必要不可欠なものであ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。