佛教大学 Z1115,Z1106 道徳教育の研究 レポート A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,136
ダウンロード数44
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学Z1115,Z1106「道徳教育の研究」のレポートです。間違いのないレポートを目指して仕上げました。参考文献を記載しておりますので、ご自身でレポートを書かれる際の参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     道徳教育の意義について述べよ。
     第一章 はじめに
     道徳は人間の生き方を示すものであり、古今東西多くの偉人たちによって説明されてきた。本レポートでは西洋と日本の道徳教育の歴史について概説し、道徳教育の意義についてまとめるものである。
     第二章 西洋における道徳
     本章では西洋における道徳、もしくは道徳教育の歴史について述べる。
     古代ギリシアにおいてはソクラテス、プラトン、アリストテレスなどの哲学者が後の西洋思想の源流となった。特にプラトンの「イデア論」は西洋思想の根底となるものである。その中で示されるように、人間は真理を求め、これを規範としてどのように生きるのかを考えることが道徳の本質と言えるだろう。
     ギリシア哲学の伝統(広義のヘレニズム)と並んで西洋の思想に大きな影響を与えているのはキリスト教の伝統である。特に西欧中世においてはキリスト教が真理という前提で発展してきた。西欧中世の哲学、つまりキリスト教哲学は古くはアウグスティヌスからトマス・アクィナスなどに受け継がれ、信仰のあり方を示してきた。中世におけるキリスト教哲学は古代ギリシア哲学の考え方を統合したことも特徴である。
     ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。