佛教大学 M6701,R0705 文学概論 第1設題 レポート A判定

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数789
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学M6701,R0705「文学概論」の第1設題レポートです。間違いのないレポートを目指して仕上げました。参考文献を記載しておりますので、ご自身でレポートを書かれる際の参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『小説神髄』の「緒言」を読み、坪内逍遥が『小説神髄』を執筆するにいたった経緯についてまとめよ。
    本が読まれなくなった、と言われて久しい。本屋の一番目立つ棚には自己啓発書やビジネス本が並んでいる。子供達は(今では大人たちもと言うべきだろうか)ライトノベルやコミックに夢中だ。
    中でも小説は本当に読まれなくなってしまっている。忙しい現代人にもたまにはフィクションに浸る時間は必要だが、映画がある。ドラマもある。活字を追いかけてフィクションを楽しむ時間は無くなってしまっている。小説は読まれなくなった。それは小説の持つ力が衰えたと言うべきかもしれない。
    しかし、明治新政府が誕生した19世紀、20世紀初頭、小説は非常に大きな力を持っていた。日本近代小説の黎明期には数多の非凡な文学者が登場した。例えば夏目漱石は現在に至るまで国民的な作家としてよく知られている。
    日本の文学を近代化することに尽力した文学者の中でも、坪内逍遥の功績は大きい。彼は近代以前の戯作を欧米列強で読まれている小説にアップグレードしようと努めた。その偉大な挑戦の功績が『小説神髄』である。
    日本の近代小説の始まりとなったこの文学理論書は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。