佛教大学 M6511,R0703 言語学概論 第2設題 レポート A判定

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数763
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学M6511,R0703「言語学概論」の第2設題レポートです。間違いのないレポートを目指して仕上げました。参考文献を記載しておりますので、ご自身でレポートを書かれる際の参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人間の言語に共通する特徴のうち、恣意性・生産性について説明しなさい。
    1.はじめに
    本レポートでは、人間の言語に共通な特徴である恣意性と生産性について論じるものである。レポートの構成として、はじめに恣意性について述べ、その後に生産性について述べる。
    2.恣意性
    人間の言語に共通している特徴をアメリカの言語学者ハケット(C.F.Hockett) は、16個挙げている。そうした言語の一般的特徴のなかに恣意性 (arbitrariness) がある。
    恣意性とは、「言語では、言語表現と意味内容の結びつきが因果関係によらず、言語ごとに因襲的に定められており、それぞれ偶然な結びつき」をするという特徴である。つまり、人間の言語は伝達したい内容とそれを指し示す音声記号との間の関係性が全くの無関係であるということである。
    言語はものの概念と音を結びつけた記号の体系である。記号とはある社会において人々の意思伝達の為に使用される印である。例を挙げれば、交通信号は赤ならば「止まれ」を表し、青ならば「通行しても良し」を表す。ものの概念と色が結びついた記号の例である。言語は音によって概念を表すものだ。
    言語が音..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。