佛教大学 M6104,R0111 日本文学概論第1設題 レポート A判定

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数943
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学M6104,R0111「日本文学概論」の第1設題レポートです。 A評価を頂いております。 参考文献を記載しておりますので、ご自身でレポートを書かれる際の参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国学の歴史と日本文学研究の歴史を調べ、その類似点と相違点、および、問題点についてまとめよ。
    国学とは江戸時代に成立した古典の文献を厳密に文献学的に研究することによって、日本文化と精神の特質を明らかにしようとする学問である。国学の特質は日本本来の固有の文化と精神の特質を明らかにしようとした古学であった点であると言える。
    日本固有の文化精神とはなんだろうか。現在の我々日本人が想像する日本的な文化と言えば、茶の湯や華道、日本庭園等が挙げられるだろう。しかし、こうした文化は日本古来の文化ではなく、仏教や儒教などの外来思想の影響を受けたものに過ぎない。
    特に儒教思想は江戸幕府が朱子学を幕府の学問と定めた結果、江戸期にその影響が高まった。儒教思想は主従の忠孝を重視する思想であり、幕藩体制の維持に好都合であったからである。
    こうした官製の思想に批判的な人達の中で、日本固有の文化や精神を明らかにしようとする風潮が起こった。そうした潮流の中で成立したのが国学である。
    国学の代表的な学者として契沖、荷田春満、賀茂真淵、本居宣長、平田篤胤が挙げられる。
    契沖は古典の研究を後代の学者の説によらず、直接原典を研..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。