佛教大学 M6702,R0704 仏教文学 第2設題レポート A判定

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,769
ダウンロード数74
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学M6702,R0704「仏教文学」の第2設題レポートです。 A評価を頂いております。 参考文献を記載しておりますので、ご自身でレポートを書かれる際の参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本の唱導文学の源流となった、中国の唱導について述べよ。
     本レポートは中国の唱導について概説するものである。
    唱導とは、広義には「法会の次第全てを含むもの」として考えることができる。しかしながら、より厳密に唱導の定義を示すならば「表白、願文、諷誦、説法」を指すと考えてよい。
    仏教が流布する過程は二種類の流れが考えられる。第一は教団内部において師匠から弟子へと継承されていく学問としての流れ、そして修行を通して仏教を体得するという流れである。これらは仏教僧の内部での仏教の伝播と考えることができる。第二は仏教僧以外の世俗の人びとへの布教である。日本においても中国においても、仏教は僧のみならず俗人に対しても流布せられた。
    俗人への仏教の流布のためには経典の普及のみでは決して達成されないことは容易に考えられる。というのも、仏教の布教期において経典を自由に読み、それを読破するができるのは僧を除いて貴族や王族などの特権階級に限られていた。
    そこで大衆への布教のために取られた方法は字句のみならず、音や動きといった「人間の五感に訴える総合的な行為」であった。つまり、人の声を以って布教をおこなったのであ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。