佛教大学 M6109,R0115 漢文学 科目最終試験 最新模範解答

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,410
ダウンロード数85
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    M6109,R0115 漢文学の科目最終試験、模範解答になります。 2014年度の最新の出題傾向に対応しています。 平易な語を使用して、全ての解答を800字程度に収めました。 試験対策の参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    M6109 漢文学 科目最終試験(2014~)
    1,日本人が中国の古典を漢文訓読で読む際に有利な点を指摘して説明せよ。
    2,中国の古典に返り点をつけることで日本語に直して読めるのはなぜか、漢文と日本語の性質を考えて説明せよ。
    3,中学校・高等学校の国語の時間に漢文を学ぶ意義について説明せよ。
    4,漢文訓読で用いる返り点について説明せよ。
    5,漢文訓読における送り仮名について述べよ。
    6,中国語の知識のない日本人が中国の古典を漢文で読む際に注意すべき点を指摘して説明せよ。
    日本人が中国の古典を漢文訓読で読む際に有利な点を指摘して説明せよ。
    漢文訓読の利点とは習得にかかる時間が短く、漢文の知識がなくとも的確に中国古典を読めるようになることである。そして、漢文の持つ聴覚的な美しさを損なうことなく鑑賞できることであると考えられる。
    漢文訓読とは訓点(句読点・返り点・送りかな)を使用する訳読法である。もともと漢文には省略が多く、必要最低限の文字だけで記される傾向が強い文体であった。そのため省略されている箇所を訓点により補い、本来外国語である漢文を日本語化して理解できるようにした。これにより、どん..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。