佛教大学 Z1802 介護等体験研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数188
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    2013年シラバス対応、A評価です。
    レポート作成の参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「なぜ介護等体験が小学校・中学校の普通免許状の取得のために必要なのかを論じなさい」
    1997年(平成9年)国会で一つの法案が議員立法として提出された。『小学校及び中学校の教諭の普通免許状授与に係る教育職員免許法の特例等に関する法律』、通称「介護等体験特例法」である。この法案では「介護等の体験は7日間以上行っても差し支えないこと。また7日間の内訳については,社会福祉施設等5日間,特殊教育諸学校2日間」という内容が定められた。田中角栄首相を父に持つ田中眞紀子衆議院議員に呼びかけによるもので、全会派の賛成で成立の運びとなった。田中眞紀子議員は提案理由を、「いじめの問題など困難な問題を抱える教育の現場で、これから活躍される方々が、高齢者や障害者に対する介護等の体験を自らの原体験として持ち、また、そうした体験を教育の現場に活かしていく事によって、人の心の痛みがわかる人づくり、各人の価値観の相違を認められる心を持った人づくりの現実に資することを期待しております」と語った。以下に免許状取得のために介護等体験が必要とされる理由と私の意見も加えて考察する。
    教師の仕事は人と人とが向き合ってのコミュニケー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。