法学2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数167
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    法学 分冊2
    違憲立法審査権が用いられて違憲とされた例を一つとりあげ、違憲とされた理由について検討しなさい。

    まず、違憲立法審査権とは何かを述べ、そして違憲とされた例と違憲となった理由を調べて書きました。最期は日本で初めての違憲であったことと、私たちにとっての法についてまとめました。
    1つの違憲について2000字書くのは大変なので、あらゆる面から書くことをお勧めします。

    法律を主として勉強していませんが、一回で合格し、きちんとまとめられていると講評をいただきました。参考になると嬉しいです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法学 分冊2
    違憲立法審査権が用いられて違憲とされた例を一つとりあげ、違憲とされた理由について検討しなさい。
     違憲立法審査権(法令審査権)とは、法律や行政行為が憲法に違反していないか審査する権限である。日本国憲法81条では「最高裁判所は、一歳の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所である」とし、違憲立法審査権を認めており、最高裁判所に最終的な権限が与えられている。この規定により、地方裁判所、高等裁判所も憲法判断できる。
     法は社会規範であり、社会で生活をしていく上で守らなくてはならない規則だが、その方自体が不条理だったり、国民にとって不利益なものであったりする可能性もないわけではないため、不条理な法令や命令の憲法適合性を裁判所に判断してもらうことができる違憲立法審査権の必要性が出てくる。違憲立法審査権の意義とは、憲法違反の権力が行使されることを防ぎ、国家権力の抑制と均衡を保つことである。それによって法の下の平等を守り、憲法で保障されていると考えられる。
     では実際に違憲立法審査権が用いられ違憲とされた実例として尊属殺人被告事件を例としてあげ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。