英米文学特殊講義2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数544
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    英米文学特殊講義 分冊2
    1ジョージ・メレディスが19世紀ヴィクトリア朝社会に対して行った批判とは、どのようなものか、当時のベストセラー小説への批判を通して説明しなさい。
    またリポート後半部には、メレディスの「喜劇の観念と喜劇精神効用」というエッセイの内容を要約しなさい。

    メレディスの本は少ないため苦労したので、何かしら参考になると嬉しいです。

    1回で合格し、講評では、よく勉強された良いリポートです。作品名と作者名を英語表記されているのは大変良い点です。とありました。
    解釈の妥当性、教材の理解度などAをいただきました。
    メレディスの本は言葉も難解のため時間がかかりますが、いくつかの参考文献を読み、自分なりにわかるようにまとめました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    分冊2
    1ジョージ・メレディスが19世紀ヴィクトリア朝社会に対して行った批判とは、どのようなものか、当時のベストセラー小説への批判を通して説明しなさい。
    またリポート後半部には、メレディスの「喜劇の観念と喜劇精神効用」というエッセイの内容を要約しなさい。
    ポイント
    メレディスは19世紀の何を問題としたのか、テキストからそこをよく読み取ること。
    また、なぜメレディスは悲劇よりも喜劇を重視したかも考えること。
    キーワード
    メレディスのいう、egoism,sentimentalism,
    当時の経済政策であったlaissz-faire,(放任主義、無干渉主義)
    アダム・スミスの言ったthe invisible hand of God
    ヴィクトリア朝時代とは、十九世紀イギリスで産業革命によって、あらゆるものが発展して豊かになり、実証的で功利的になった最も経済的発展を遂げた時代である。ものが豊かになるとそれまで上流階級で楽しんでいたものが一般市民へと広がっていった。その中の一つが小説である。William Wilkie CollinsのThe Woman in WhiteとEllen Woodの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。