イギリス文学史Ⅱ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数208
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    一回で合格し、講評欄に

    課題に忠実によく学ばれています。何よりもご本人の英詩への意欲をよく伝えているレポートです。

    と書かれていました。

    参考になると嬉しいです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    イギリス文学史Ⅱ 分冊1(平成25・26年度)
    (設問)
    ロマン主義時代とはどのような時代かを説明し、かつ代表的な詩人を5名挙げてその特質を説明しなさい。
    いずれも時代の特徴に目を向け、それを説明してから具体的な作家の作品を取り上げて説明すること。
    キーワード
    Imagination, Victorianism, modernism, the age of anxiety
    ロマン主義とは18世紀後半から19世紀初めにかけて、自己や自由の開放を追及しようとした動きである。それは慣例や制度を重んじる古典主義が個人の自由や芸術的自由を抑圧してきたことに対する非難や反発から生まれた。この時代は産業革命によって機械や工業が大きく進歩し、多くの農民は工場労働者になったことにより、資本家と労働者との対立が生まれ、貧富の差が拡大していった。18世紀末にアメリカ独立戦争とフランス革命が起こり、自由と平等を求める運動が広がった。この動きは、ヨーロッパ諸国に大きな影響を与え、人々にこれからの時代が自由で平等になるという夢を抱かせた。しかしフランス革命は恐怖政治を創り出し、ナポレオンの独裁政治は人々の未来への..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。