佛教大学 介護等体験研究 Z1802

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数223
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    介護

    代表キーワード

    佛教大学介護等体験研究Z1802

    資料紹介

    佛教大学、介護等体験研究(Z1802)のリポートです。
    事前にスクーリングを履修する必要があります。(スクーリング履修と併用科目)
    スクーリング履修後に提出するリポートです。
    教員免許取得を希望する皆様のお役に立てば幸いです。

    「なぜ介護等体験が小学校・中学校の普通免許状の取得のために必要なのかを論述しなさい。」 1600字

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    なぜ介護等体験が小学校・中学校の普通免許状の取得のために必要なのかを論述しなさい。
     1997年、「小学校及び中学校の普通免許状授与に係る教育職員免許法の特例等に関する法律」が制定された。これにより1998年度の大学等の入学者から、個人の尊厳や社会連帯の理念に関する認識を深めることにより、教員としての資質向上を図り、義務教育の充実を期することを目的として、小学校・中学校教諭の普通免許状を取得しようとする者は、社会福祉施設等において障がい者、高齢者等に対する介護や介助、交流等の体験が義務付けられた。
     教育現場に携わる者として子ども達ひとりひとりを見つめ、尊厳を認めることはとても重要である。また、障がいやハンディの有無に関わらず重要視されるべきことであり、「自分が自分らしく“当たり前に生きる”」という人権が必ず守られなければならないのだ。
     しかし、1990年代「個人モデル」が教育の現場に浸透したことにより、「障がいをもって生まれてきたのだから、健常者とは切り離して」「反発する生徒には厳しい指導を」などのように、支援を要する子ども達の問題を「個」としてしか捉えず、その周りを取り巻く環境は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。