明星大学2014年度「初等教育課程論」1単位目レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数488
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学2014年度「初等教育課程論」1単位目レポートです。

    レポート課題は
    教育課程とはどういう意味か。それが教師や子どもにとってなぜ重要なのか。
    『小学校学習指導要領』の7回の改訂を取り上げ、それぞれの改訂で示された教育課程の特徴についてまとめよ。また学習指導要領の「試案」と「告示」の持つ意味合いの違いについてもふれよ。
    となっています。参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学2013年度「初等教育課程論」1単位目レポート
    教育課程とはどういう意味か。それが教師や子どもにとってなぜ重要なのか。
      教育課程とは、児童生徒が成人するまでに習得・経験すべき事柄を順次配列したものであり、カリキュラムと訳される。小学校学習指導要領によると「学校において編成する教育課程とは、学校教育の目的や目標を達成するために、教育の内容を児童の心身の発達に応じ、授業時数との関連において、総合的に組織した学校の教育計画」と定義されている。
     日本において教育課程は、学習指導要領による基準が設けられ、公教育が有する共通性や平等性といった特徴を踏まえた教育計画と捉えられているが、英訳であるカリキュラムは、欧米諸国において、計画だけでなく、その計画がどのように実践され、学習者に体験させるかという段階まで概念として拡張されている。
     ここから教育課程の意義とは、教師にとっても子どもにとっても近代的な学校教育制度の中で、その教育の目標や目的を達成し、教育の内容や質を担保ことであると考えられる。そして教育課程は、教師にとっても子どもにとってもよる効果的に実践されるべきものであり、時代の変..

    コメント1件

    bangbang 販売
    2014年度の同科目もレポート課題の内容に変更がないので、資料名・資料紹介を変更しました。2014.6.2
    2014/06/03 0:16 (2年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。