明星大学2014年度「図画工作」2単位目レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数321
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学2014年度「図画工作」2単位目の合格レポートです。

    1.テキストの「学習指導要領の方向、教科としての図画工作」(第2章)を読み、1,000字程度に大意要約せよ。

    2.テキストの「図画工作の評価」(第7章)を読み、「観点別学習状況の評価」における4つの観点のそれぞれについて、それぞれの観点の趣旨に沿いながら、全体で1,000字程度に整理して説明せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学2013年度「図画工作」2単位目レポート
    テキストの「学習指導要領の方向、教科としての図画工作」(第2章)を読み、1,000字程度に大意要約せよ。
     平成20年度に学習指導要領が改訂された。この度の改訂には、平成18年に教育基本法が改正されたことやPISAなどの国際的な学力調査での日本の学力低下が課題となったことなど国内外の問題が大きな背景となっている。この中で学習指導要領の方向性として、従来から目指された変化の多い社会の中で主体的に学ぶことのできる「生きる力」の育成を引き継ぎ、PISA調査での成績評価の枠組みであり、身に付けた知識や技能を学校や社会で必要に応じて使いこなす能力である「コンピテンシー」が重要であるという考え方が示された。この中で情報を正しく読み取り、自分で思考し、判断し、表現できる読解力(Reading Literacy)の育成のための「言語活動の充実」が求められおり、そのことは視覚体験活動が中心の図画工作科でも同様であるが、表現や鑑賞を行う過程で感覚的・直感的な言葉によらないコミュニケーションがあるという教科の独自性も大事にしていくべきである。
     図画工作科の..

    コメント1件

    bangbang 販売
    2014年度の同科目もレポート課題の内容に変更がないので、資料名・資料紹介を変更しました。2014.6.2
    2014/06/03 0:14 (2年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。