明星大学2014年度「初等家庭科教育法」2単位目レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数462
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学2014年度「初等家庭科教育法」2単位目の合格レポート

    課題
    1. 「衣服の着用と手入れ」の内容で問題解決な学習を行うことができる学習指導例を考え具体的に述べなさい。

    2.環境を考慮した学習指導例について、実践的・体験的な学習が行えるよう工夫し具体的に述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学2013年度「初等家庭科教育法」2単位目レポート
    「衣服の着用と手入れ」の内容で問題解決な学習を行うことができる学習指導例を考え具体的に述べなさい。
     「衣服の着用と手入れ」での指導内容は、衣服の働きが分かり、衣服に関心をもって日常着の快適な着方を工夫できることと、日常着の手入れが必要であることが分かり、ボタン付けや洗濯ができることである。衣服の働きとは保健衛生上や生活活動上の働きのことであるが、児童の現状として、みんなが日常の衣服を自分で管理したり選んだりはしていなく、ファッションに関心を持ったとしても雑誌などの商業的な流行に左右され、なぜ衣服を着るのか、どのように着るべきなのかといった課題意識を持ちにくい状況にあると思われる。家庭科の授業で行う問題解決学習は、生活に目を向けることから出発し、問題を見出して生活の改善につなげる力を養うことをねらいとしており、子どもたちに普段何気なく着替えている衣服を見つめ直し、衣服の着用を考えるきっかけをつくるための課題意識を持たせたい。
     以上のことを踏まえて「衣類の着用と手入れ」の内容で問題解決的な学習を考える。まず、衣服の働きを保健衛生..

    コメント1件

    bangbang 販売
    2014年度の同科目もレポート課題の内容に変更がないので、資料名・資料紹介を変更しました。2014.6.2
    2014/06/03 0:34 (2年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。