明星大学2014年度「初等家庭科教育法」1単位目レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数319
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学2014年度「初等家庭科教育法」1単位目の合格レポートです。

    課題
    1.小学校家庭科におけるグループ学習の意義について説明しなさい。またグループ学習を行うと、より効果的だと考えられる指導例を考え具体的に述べなさい。

    2.小学校家庭科の評価の観点と趣旨について簡単に説明しなさい。また生活技能を評価する際の留意点と評価法について説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学2013年度「初等家庭科教育法」1単位目レポート
    小学校家庭科におけるグループ学習の意義について説明しなさい。またグループ学習を行うと、より効果的だと考えられる指導例を考え具体的に述べなさい。
     グループ学習とは、1クラスを6人前後のグループに分けて指導・学習する形態である。この学習形態は、子どもたちの相互のやり取りの中で学習を進めることができ、課題や作業をしながら意見を交換しあったり、協力しあったりできるところがグループ学習の意義であるといえる。教授者側の留意点として、ただ放任してグループの活動に任せてしまうのではなく、活動の様子や経過を見ながらグループごとに助言や指導をしっかりと行うことや、学習内容や学習目標から能力差や男女比などを考慮したグループ編成の仕方を考えることが挙げられ、個人の能力や個性の把握が出来ていることで、より効果的な指導形態になると考えられる。
     家庭科において、グループ学習が効果的であると考えられる場面は調理実習である。学習指導要領では調理の基礎として、材料の洗い方や切り方、配膳や後片付けなどを指導することが示されているが、1回の実習で一人ひとりにそれぞ..

    コメント1件

    bangbang 販売
    2014年度の同科目もレポート課題の内容に変更がないので、資料名・資料紹介を変更しました。2014.6.2
    2014/06/03 0:33 (2年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。