明星大学2012年度算数1単位目レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数556
ダウンロード数34
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    明星大学小学校教育算数

    代表キーワード

    明星大学算数

    資料紹介

    明星大学教育学部通信教育課程の2012年度「算数」の合格レポートです。
    課題は、
    ①線分図の指導の系統はどのようになっているか。
    ②一斉指導の中で個別化を考える場合、どういうことに留意したらよいか。
    ③4進法で121である数を(121)4で表すとき、この数を2進数で表せ。

    となっています。
    講評では、特に指摘されることもなかったです。参考までにどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2012年度 算数1単位目レポート
    線分図の指導の系統はどのようになっているか。
     算数科は、抽象的な数・量・図形を論理的にとらえるためにその概念を定義しながら、それらを根拠に推論を行い、系統的に体系づける性格を有しており、その指導も系統的である。
     第1~3学年は「数と計算」の領域で、学年が上がるにつれて位数大きくなる加法・減法を系統的に学習していく。線分図は、加法と減法の相互関係を把握するための有効な手段であり、その関係性を説明する活動のために用いられるが、どのように指導を行い、線分図を活用できる素地を作っていけば良いだろうか。
     第1学年が加法・減法を学習する際には、1つの数がほかの数の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。