明星大学 2014年度 「理科」 1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数332
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    明星大学小学校教育理科

    代表キーワード

    明星大学

    資料紹介

    明星大学教育学部通信教育課程の2014年度「理科」合格レポートです。
    課題は
    ①「児童・生徒が歓迎する理科の授業とはどういうものか」についてテキストから学んだことをまとめ、それについての私見を述べよ。
    ②理科の授業における「予想」の意義について述べよ。

    になります。
    講評の中で、「なぜ単純に実験操作をしただけではだめなのかを考察せよ」とありましたので、この点を付け加えるとより良いレポートになるかと思います。
    参考までにどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2013年度「理科」1単位目レポート課題
    「児童・生徒が歓迎する理科の授業とはどういうものか」についてテキストから学んだことをまとめ、それについての私見を述べよ。
     一般に児童・生徒から歓迎される授業とは「楽しい授業」であることが考えられる。そして理科の授業の特徴は「実験」を行いながら学習を進めていくことであり、授業の過程で実験を効果的に学習活動に取り入れるために、仮説を立てた上でその結果を観察・検証するプロセスが重要になってくる。児童・生徒が歓迎する理科の授業とは、この一連のプロセスの中で、児童・生徒が「考える楽しさ」や「分かる楽しさ」が実感できる授業であるといえるだろう。
     問題解決のために仮説を立て、観察や実験によって検証を行う授業を「仮説実験授業」という。この授業の中で「考える楽しさ」を実感するためには、テキスト『未来の教師たちへ』第2章にあるように、初めに児童が興味を抱いて考えるに値するような問題を提示することとその問題を考えるにあたってクラス全体を「間違えることは恥ずかしくない」という雰囲気にしていくことが必要である。仮説実験授業の中で、児童たちに考えさせることを目的化する..

    コメント1件

    bangbang 販売
    2014年度の同科目もレポート課題の内容に変更がないので、資料名・資料紹介を変更しました。2014.6.2
    2014/06/03 0:10 (2年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。