児童・進路指導論 PB3090 2単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,076
ダウンロード数95
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 通信教育 教育学部 児童・進路指導論 2単位目の合格レポートです。
    参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 通信教育 教育学部 児童・進路指導論(PB3090)2単位目 合格レポート
    課題 次の項目のうちから一つを選択し、児童に対する指導について述べなさい。
       ①非社会的行動 ②反社会的行動 ③基本的生活習慣の育成
      ⇒①非社会的行動 を選択
    成績 合格
    講評 不登校はある日突然起こるのではないこと、予兆としての子どもの登校しぶりなどの行動を2~3年前までさかのぼって探ることで、予防・未然防止につながっていきます。発生した場合には、個々のケースごと保護者や外部の協力者とともに子どもと向き合う時に教師はどのような心構えで臨めばよいでしょうか。
    ○レポート本文
     非社会的行動である不登校は、<何らかの心理的、情緒的、身体的あるいは社会的要因・背景により、児童生徒が登校しないあるいはしたくともできない状況にあること>と定義されている。今回の児童は、入学時に不適応を示し、学校に行きたい気持ちはあるが、行こうとすると腹痛などを起こして、不登校の状態にある、児童に対する指導について述べる。この不登校に関する基本的な考え方は以下のとおりである。まず、不登校の指導の最終的目標は、社会的自立の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。