児童・進路指導論 PB3090 1単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,775
ダウンロード数101
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 通信教育 教育学部 児童・進路指導論 1単位目の合格レポートです。
    参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 通信教育 教育学部 児童・進路指導論(PB3090)1単位目 合格レポート
    課題 学級における児童同士、児童と教師の人間関係づくりと「自己指導能力」の関係について述べなさい。それらを踏まえて、担任としてどのような点に気をつけ、学級経営を行えばよいか考えをまとめなさい。
    ○ 成績 合格
    ○ 講評 自己指導能力の育成は、生徒指導の3つの機能を十分に発揮させる取り組みの中で行われることが期待されています。このために、学級での人間関係のあり方、構築が必要です。
    ○レポート本文
     生徒指導の内容は、3つに大別できる。第一に、児童の人格の育成を目指す発達的な指導である。二つ目は、現実の問題に対し適応したり回避したりするための予防的な指導である。そして、最後は、問題行動に対する規制的・対症療法的な指導である。この内容の中でも、1番目の全ての児童の人格形成に関わる課題は、児童一人一人の社会性を培い、将来的に社会人として生活するための基礎的な能力を養い高めることにあり、現在の学習指導要領の目指すべき学力の柱でもある<生きる力>の育成を目指し、自己指導能力を高めることに直結した内容である。この自..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。