初等教育相談の基礎と方法 PB3100 2単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,449
ダウンロード数159
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 通信教育 教育学部 初等教育相談の基礎と方法 2単位目の合格レポートです。

    評価はとても良いものでした。参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 通信教育 教育学部 
    初等教育相談の基礎と方法(PB3100)2単位目合格レポート
    課題1 発達傷害のある子ども、発達傷害を疑う気になる子どもの理解と教育現場における対応の方法に関して、一つの発達傷害を取り上げ、問題行動の捉え方を踏まえつつ述べなさい。
    課題2 教師とし、多様な保護者とのつながりをどのように作っていけばよいかについて述べなさい。
    ○ 成績 合格
    ○ 講評 1.ポイントを的確に把握して論述しています。
         2. 課題の意図を踏まえて論述しています。
    ○レポート本文
    ①子どもの問題行動の持つ意味は、子どもの内面で混乱が起こり、それがより重篤になることを予防し、思いを言葉で適切に表現できないことを、身体化により一応の問題解決を図っている。またそれにより、環境変化を自らに相応しいものに変えていく原動力にもなる。これらの問題行動や症状は、子どもの存在の一部でしかなく、その子どもを今理解するための情報の一部でしかないことへの理解が重要である。つまり、問題行動や症状をその子の発達への要求と考え、自分にあった対応を工夫して欲しいというサインと捉えるのである。周りの環境を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。