初等理科教育法 PB2140 1単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数916
ダウンロード数58
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 通信教育 教育学部の 初等理科教育法(PB2140)の1単位目 合格レポートです。


    評価は大変良いものでした。
    参考にして頂ければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 通信教育 教育学部 初等理科教育法(PB2140) 1単位目合格レポート
    課題1 これまでの理科教育の問題点(欠陥)について、テキストから学んだことをまとめ、それについての私見を述べよ。
    課題2 これからの理科教育はどうあるべきか、についてテキストから学んだことをまとめ、それについての私見を述べよ。
    成績 合格
    講評 課題1、2ともにテキストの要点を押さえてまとめることができています。またテーマについて、自分の考えをまとめることもできています。
    レポート本文
    <課題1>
     これまでの理科教育の問題点を、授業方式、教科書の内容と、実験の意義の観点から、テキストから学んだことを考えてみたい。
     まず、これまでの理科教育では、授業は、教科書を使用し、教師と子どもの問答を中心に進められた。この授業を展開する上で、教師は子ども達をうまく誘導して、内容の注目して欲しい点に関心を集めるように指導していく必要があるが、これは教師の実力が問われるものである。そのため現行の教科書は、誰がどう指導しても、実験や観察についての問題が出題された時にわかるように、教わるべきことが読むだけで理解できるよう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。