体育 PB2080 2単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数878
ダウンロード数60
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 通信教育、教育学部 体育(PB2080)2単位目の合格レポートです。

    参考にして頂ければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 通信教育 教育学部 体育(PB2080)2単位目 合格レポート
    課題 子ども達の運動技能習得の仕組みと効果的な習得のさせ方について考察せよ。
    ○ 成績 合格
    ○ 講評 運動は脳で覚えることの仕組みをP71~77で勉強しておくこと。
    レポート本文
     
    現代社会の子ども達をとりまく環境は、大きく変化している。それにより運動不足に陥り、心身の健全な発育発達が阻害され、子ども達の動作の未熟さ、発達の遅れが指摘されている。そのような子ども達へのよりよい指導はどのように行うべきだろうか。
     随意運動の円滑な遂行は、意識的な運動発動がなされ、錐体路系と錐体外路系を通じて、筋の収縮やその強さを調節して円滑な動きをつかさどることによって起こる。また筋紡錘と腱紡錘は、荷重付加を未然に防ぎ、筋を障害から保護する役割の神経である。また運動の要求内容と自分の動きとのずれが、中枢神経系へフィードバックされ、再度調整される。このように巧みな動作には、主に脳・神経の伝達の働きが深く関わっている。また、運動の遂行により神経と筋の供応性が発達し、平行性や敏捷性、巧緻性も発達していくのである。この中枢神経機能によ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。