健康スポーツ科学論 WB1010 2単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数722
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 通信教育 教育学部 健康・スポーツ科学論(WB1010)の2単位目 合格レポートです。

    講評は大変良いものでした。参考にして頂ければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 通信教育 健康・スポーツ科学論(WB1010)2単位目合格レポート
    課題 以下の各年代について、運動を習慣化する意義と、運動を習慣化するための具体的な方法をそれぞれ述べなさい。
    成績 合格
    講評 運動を習慣化するための意義と方策について具体例を挙げてわかりやすく説明されています。
    ○ レポート本文
    子どもは、運動を通して、体格や平衡性、供応性、調整力などの身体的体力要素を身につけることができる。また活動欲求を満たし、情緒を安定させ、友達との関わり方を学ぶ。これが子どもの運動習慣化の意義である。運動内容としては、発達特性を考慮して、器用さやリズム、バランス感覚などの神経支配の能力を発達させるようなものを中心に、基礎的な運動あそびを偏りなく実施することが大切である。運動を習慣化させるための指導のポイントは、①遊びをする子どもの発達段階に即したプログラムを選択②平易なものから困難な運動へと発展させる③意欲的に取り組めるような工夫④個人差に対応⑤1人の運動回数を多くする、などがある。発達的に無理な運動遊びをさせても、子どもにとってつまらない時間となるだけである。何よりも重要なのは、子..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。