理科 PB2020 2単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数605
ダウンロード数44
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    明星大学 通信教育 教育学部の理科(PB2020)の2単位目
    合格レポートです。

    講評はとてもよいものでした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 通信教育 教育学部 理科(PB2020)2単位目合格レポート
    ○課題1 間違えるとはどういうことか?に ついてテキストから学んだことをまとめ、それについての私見を述べよ。
    ○課題2 「科学入門教育とはどういうことか?」についてテキストから学んだことを述べよ。
    成績 合格
    講評 よくまとめられています。<たのしい授業>成立のポイントは<考えるに値する問題>の存在です。このテキストを学んだことを是非現場で活用してみてください。
    レポート本文
    <課題1>
     
    私には二人の子どもがいるが、上の子はいつからか、間違えるのを恥ずかしがるようになり、自分の考えに自信が持てないときは、はっきりと発言することが出来なくなった。それは、間違えることは、良くないことだという雰囲気が、当たり前に授業の中に存在しているかであろう。
    しかし、新しいことを学ぶ時に、自分自身の頭を使って、創造的に考えようとすると、どうしても間違える。創造的に物事を考える時にする間違いは、そのことが一見もっともらしさを持っていることによってのみ、起こるのである。だから、その一見合理的に見えるための理由を探る必要がある。この誤..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。