初等図画工作科教育法 PB3040 1単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,144
ダウンロード数63
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 通信教育 教育学部 PB3040の1単位目 合格レポートです。

    参考にしていただけたら幸いです。

    なお、レポート末尾に今年の科目終了試験の傾向の
    変化についてひとこと添えました。
    そちらも参考になさってください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 通信教育 教育学部 初等図画工作教育法(PB3040)1単位目合格レポート
    ○課題1 テキスト内の「図画工作科教育の意義と目的」第一章について、1000字程度に大意要約せよ。
    ○課題2 テキスト内の「学習指導案の作成について」(第3章内)の「1教材研究に基づく学習の構想」から「2指導案に必要な記述事項」までを、1000字程度に大意要約せよ。
    成績 合格
    講評 1、2ともにテキストの内容を把握し要約されています。
    ○レポート本文
    <課題1>
    図画工作科教育の意義と目的を把握するために、その基本的命題として、小学校児童を対象にいかなることを取り扱っているかを意識するべきである。つまり造形的な表現活動とはいかなるものか、指導可能なことは何か考えることが重要となる。
    図画工作科教育は、小学校児童のための美術教育である。この<美術>の言葉を学習指導要領のように、<造形的表現活動>と言い換える。この言葉は、造形的な制作および鑑賞の活動を総称する意味で使用されている。この造形的表現活動の本質を考察し、図画工作科教育の意義を考えたい。この造形的表現活動の国語的解釈は、物的材料に人為的変工を加..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。