初等家庭科教育法 PB3050 1単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,715
ダウンロード数122
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育 教育学部の初等家庭科教育法(PB3050)の1単位目 合格レポートです。

    レポートの評価は良いものでした。
    またレポートの最後に、レポートのアレンジのヒントなどを記載しております。

    参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学教育学部
    初等家庭科教育法(PB3050)1単位目合格レポート
    ○課題1 小学校家庭科におけるグループ学習の意義について説明しなさい。またグループ学習を行うと、より効果的だと考えられる指導例を考え具体的に述べなさい。
    ○課題2 小学校家庭科の評価の観点と趣旨について簡単に説明しなさい。また生活技能を評価する際の留意点と評価法について説明しなさい。
    ○成績  合格
    ○講評1 例があげられ、わかりやすくなっています。さらに
         内容を深め、実践に生かしていきましょう。
    ○講評2 生活技能の評価方法・評価用具についてさらに詳しく検討していってください。
     
    レポート本文
    <課題1>
    グループ学習の意義は、児童をグループに分けて指導・学習する形態をとることで、児童同士で意見を交換し、気付きを深め、よりよい考えに繋げることや、協力して作業を行うことにより、一人では達成しえない作業が可能になること、役割を分担して共同作業を行うことで、よりよい関わり方の学びに繋がることなど、様々な学び合いの機会を設けられる点にある。その際グループ編成の方法は、能力程度の同質・異質な者同士による編成や、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。