教育の制度と経営 PA1030 2単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数555
ダウンロード数49
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 通信教育 教育学部の教育の制度と経営、2単位目の合格レポートです。

    参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 通信教育 教育学部 教育の制度と経営(PA1030)2単位目合格レポート
    ○課題1 学級経営の近年の動向のうち関心のある話題の要点をまとめ、見解を述べよ。
    ○課題2 家庭教育と地域教育力の現状と問題点について考察せよ。
    成績 合格
    講評 学校の自主性・自律性を保障し、学校経営の裁量性を機能させるために口内経営体制を整備する方策として、職員会議の補助機関化、企画委員会等の活用、学校評議員制度の導入、校長・教頭への適材の確保などが示された。その中心は、校長のリーダーシップ強化による「組織的、機動的な学校運営」の体制基盤づくりである。
    ○レポート本文
    <課題1>
     学級経営とは、学校経営の基本方針に基づき、教師が学級を単位として一定の理念に基づき展開する組織的な計画的実践の総体のことである。今、求められている学級経営とはいかなるものであろうか。
    学級経営とは、新たな生活・学習集団として学年の始まりに形成された集団を、固有の秩序を形成できるよう指導し、現在の教育目標である<生きる力>の形成にかかせない共同的な学び合いが出来るような集団へ発達させるため、学習指導や生徒指導、そのための環..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。