道徳教育の指導法(小) PB3070 1単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,306
ダウンロード数88
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育 教育学部の道徳教育の指導法(小学校)の
    1単位目合格レポートです。

    講評はとてもよいものでした。
    参考いしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育 教育学部 道徳教育の指導法(小)PB3070 1単位目 合格レポート
    ○課題1 現行の「小学校学習指導要領」における道徳教育の考え方について説明せよ。
    ○課題2 以下の2題のうち1題を選んで解答せよ。
     a. 明治から昭和20年間で道徳教育の変遷について要点をまとめよ。
     b. 昭和20年代以降の道徳教育の変遷について要点をまとめよ。
    ○成績 合格
    ○講評 1.改訂点を踏まえ、よく説明されています。
    2.多様な事項を取り上げてよくまとめられています。
    ○レポート本文
    <課題1>
    現行の小学校学習指導要領では、道徳の時間を<要>として学校の教育活動全体を通じ、各教科の特質に応じ児童の発達段階を考慮して行うこととなった。これにより道徳の時間は、他の教育活動から独立した時間ではなく、要として、他の教育活動を補充し、深化し統合する役割を果たすことが求められたのである。また道徳性の発達の要素には、様々な要素が関わり合っているため、その点を考慮の上道徳性の育成が図られるよう、これが目標にも反映されている。道徳教育の目標は、<学校の教育活動を通じて、道徳的な心情・判断力・実践意欲と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。