初等生活科教育法 PB2150 1単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,206
ダウンロード数98
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 通信教育 教育学部 初等生活科教育法 1単位目の合格レポートです。

    講評はとても良いものでした。
    参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 通信教育 教育学部 初等生活科教育法(PB2150)1単位目 合格レポート
    課題1 生活科の学習指導計画作成上の留意点を述べよ。
    課題2 第一学年または第二学年における年間指導計画を構想せよ。年間を通して大単元を中心に要点を述べること。書く形式は自由とする。なお、想定したちいきの都道府県名、市町村名を記すこと。
    成績 合格
    講評1.3点を中心に言及し、配慮が示されています。
    講評2.生活科の特色を生かしてよく構想されています。 
    ○ レポート本文
    <課題1>
    生活科は、低学年の発達特質を考慮し、具体的な活動や体験を通しての指導を重視し、問題解決学習の展開を、学習指導の基本とする。また問題の解決に至る過程が大事であり、
    生徒の個人差を指導に活かす工夫をした授業づくりが必要となることから、その指導計画を作成するにあたり、①学習活動のまとまり(単元)を構想すること②学習活動のまとまりの配列を構想すること③学習活動を展開する条件を検討すること、の3つの観点に留意し、指導計画を作成する必要がある。まず①の観点であるが、生活科の内容の9項目に関連させながら、学習活動の展開に適切である場所..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。