生活科 PB1030 2単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数543
ダウンロード数50
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 通信教育 教育学部 生活科(PB1030)の2単位目合格レポートです。

    ブログでレポートの書き方のコツや、科目終了試験の進め方のコツなどを書いています。
    よかったらそちらも覗いてみてください。

    http://ameblo.jp/meiseihanako/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 教育学部 生活科(PB1030)2単位目 合格レポート
    課題1 生活科の学習指導について工夫したい方法、留意すべき事項を自分の視点で
          まとめよ。
    ○ 課題2 生活科と「総合的な学習の時間」の関連について述べよ。
    成績 合格
    講評 ①子どもひとりひとりの個性に合わせ、学んでいく過程での支援が続けられるでしょう。その過程で、指導も適切・適宜に行われていきます。改めて指導と支援の違いを明確にしてください。②両者の発展的つながりについて子供の自立や気づき、思考の面から考察を進め、指導の可能性にも言及してみてください。
    ○ レポート本文
    <課題1>
    生活科の学習指導においては、その特質が<小学校指導要領解説生活編>において、解説されている。それは、①児童の身近な生活圏を活動や体験の場や対象にすること②児童が身近な人や社会、自然と直接かかわる活動を重視すること③児童の思い、願いをはぐくみ、意欲や主体性を高める学習過程にすること④働きかける対象への気づきとともに、自分自身に気づくことができるようにすること⑤児童の姿を丁寧に見取り、働きかけ、活動の充実につなげること、以上の5点で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。