教育原理 PA1020 2単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,306
ダウンロード数61
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育 教育学部 教育原理(PA1020)の2単位目の合格レポートです。
    参考にしていただければ幸いです。

    もう少し詳しいレポート本文の見本が、私のブログにあります。

    またレポートの進め方や、勉強のコツなども
    日々アップしているので、よかったらそちらも覗いてみてください。

    http://ameblo.jp/meiseihanako/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 通信教育 教育学部 教育原理(PA1020) 2単位目 合格レポート
    課題① 戦後日本の教育改革について、3点を取り上げ、要点をまとめよ。
    課題② 現在の学校教育の課題について考察せよ。
    成績 合格
    講評 戦後の教育改革と現代の教育課題について適切にまとめられています。
    ○ レポート本文
    <課題1>
    国家主義的教育体制の崩壊と教育の再建に向けて
    戦後、GHQは日本教育制度の管理に関する4大指令を出す。これは戦前教育において重視された軍国主義的・国家主義的思想の普及を禁止し、国家神道の思想や信仰を国家が奨励することを禁じ、神道による教育を学校から排除することや、極端な戦前の軍国主義を鼓舞した教育関係者を罷免追放し、軍国主義的・国家主義的思想と教育の排除を徹底的に推し進めるものであった。つまり、この戦前の教育の体質が、日本を戦争へ導いた上、内外の惨禍を招いたものとして、その反省に立ち、教育の民主化、地方分権化、自主性の保障とその改革が重要とされ、戦後日本の教育体制が整えられていくこととなる。
    教育勅語体制から憲法・教育基本法体制への移行
    戦前教育は、天皇大権による勅令にて制定され..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。