教職入門 PA1040 1単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,671
ダウンロード数72
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育 教育学部 教職入門(PA1040)の合格レポートです。

    参考にしていだければ幸いです。


    もう少し詳しいレポート本文の見本が、私のブログにあります。

    またレポートの進め方や、勉強のコツなども
    日々アップしているので、よかったらそちらも覗いてみてください。

    http://ameblo.jp/meiseihanako/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育 教職入門(PA1040)1単位目 合格レポート
    課題 1.教員養成の歴史について論述せよ。
    課題 2.教職の専門性について論述せよ。
    成績 合格
    講評 的確にまとめられています。
    レポート本文
    <課題1>
    わが国の教員養成はどのように考えられ、制度化されてきたのだろうか。その点を振り返り学ぶことで、現代社会が求め、私が目指したい教師像の手がかりにしたいと考える。
    明治五年<学制>が制定され、近代学校制度の創設による国の責任の下での国民教育を目指し、教員養成を行う学校を師範学校とすることを定めた。給費制と就労義務や、徴兵の免除がこの制度の特徴である。
    そして明治19年<師範学校令>が公布された。制度的な特徴としては、学資を公費による支給制とし、全寮寄宿制度を軍隊式で行うこと、男子体操に兵式体操を含み、服務期限を10年とし、英語を必修としたことなどがあげられる。この制度の問題点として、教員の個性の発達の阻害や自立的態度を育てることへの弊害が、画一的な軍隊的生活から生じてくることが指摘された。
    その後、就学率が大幅に向上したことによる教師不足から、明治30年<師範教育礼>の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。