胸部

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数321
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    胸部筋肉

    浅胸筋:胸部から始まり上肢の骨に停止する、上肢の運動に関与

    ○大胸筋
    大胸筋は、胸部の浅層に位置する4つある浅胸筋の一つになる。
    扇状の大きな筋肉で胸郭の前面を覆う。
    始まる部位の違いにより鎖骨部、胸肋部、腹部の3つのパートに分けることができる。
    鎖骨部と胸肋部の間では胸筋間溝を、鎖骨部と三角筋の間では三角筋大胸筋溝を形成する。また、三角筋大胸筋溝は鎖骨に近づくにつれてその幅を増す。この部分を三角筋大胸筋三角(モーレンハイム三角、鎖骨下窩)と言う。
    起始の表面にまれに胸骨筋が見られることがある。
    ・起始:鎖骨 胸骨 第1〜第6肋骨 腹直筋鞘 停止:上腕骨大結節稜
    ・神経:内側・外側胸筋神経 C5〜T1
    ・作用:片関節の内転、屈曲、内旋

    ○小胸筋
    小胸筋は、胸部の浅層に位置する4つある浅胸筋の一つになる。
    大胸筋の下にある三角形の板状の筋肉
    小胸筋の下を腕神経叢(参)、腋窩動脈、腋窩静脈が通っている。
    ・起始:第3〜5肋骨 停止:肩甲骨烏口突起
    ・神経:内側・外側胸筋神経 C7〜T1
    ・作用:肩甲骨を前下方に引く、強制呼気で第3〜5..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。