背部の筋

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数7
閲覧数245
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    ●浅背筋:主として脊柱または腸骨から起こり、多くは上肢帯骨と上腕骨につく。背部の表層を覆う筋群である。主として脊柱から起こって上肢帯または上肢に停止し,上肢の運動を行う。

    第1層
    ○僧帽筋
    背部の浅層に位置する浅背筋のうち、第1層目にある2つある筋肉の一つで、下行部、横部、上行部の3部に分けられる。
    ステロイドを使用すると僧帽筋が異常に発達するようである。
    船戸和弥のHPの「Rauber-Kopsch解剖学」ではこの筋の解説において「変異」ということで以下のように解説している。
    (日本人の僧:帽筋の完全欠如に近い例が報告されている(狩谷慶喜:北越医学会雑誌, 51巻,1139〜1142,1936).また鎖骨停止部の変異が胎児および新生児125体のうち5体,8側にみられた(山田迪:解剖学雑誌,7巻, 337〜347,1934).)
    筋の二分Zweiteilungは,中心腱膜の高さに見られるものが最も多い分岐の型である.筋の左右がわずかに非対称であることは,ほとんど毎常見られることである.筋起始の減少は,男性よりも女性にいっそう多く見られるという.極端に僧帽筋起始が減少し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。